リビングイメージ

電気屋さんで確認してからの購入を

一人暮らしをする際に、どうしてもいる家電の一つが冷蔵庫です。冷蔵庫は、今ではなくてはならない生活必需品ですが、一人暮らしの場合どのような大きさの冷蔵庫を選べばいいのでしょうか?
それは、自炊をするかしないかによっても変わってきます。やはり少しでも自炊出来たら、それに越した事はありません。全く自炊しないという事は念頭に置かず、少し自炊してみようというスタンスで一人暮らしの冷蔵庫を選んでみましょう。

まず、毎日自炊は無理だけど、週末だけならしようかな~という方には、120L以上の冷蔵庫がおススメです。週末に平日の分を作り置きすると考えても、120L以上が最低レベルの容量だと思います。
夏場は、封を開けた調味料を保存するのにも冷蔵庫は使うので、あまり料理をしなくてもこれぐらいの容量は揃えたいものです。

そして、ほぼ毎日自炊する人は、200L以上あれば安心して食材を買う事ができます。
毎日食材の買い物に行けない人は、まとめ買いすることを考えると、一人暮らしといえどこれぐらいないと冷蔵庫に入りきらないと思います。

他にも、自動製氷が要るのか手動で間に合うのか、冷凍庫、冷蔵庫の位置は上が使いやすいのか下の方が便利なのか、一度電気屋さんで確認して使い勝手を想像してからの購入をおススメします。